認知症予防&改善!

認知症になりにくい生活&記憶力を改善を実践!
✱先日、テレビでビートたけしの番組でしたが、記憶を改善する方法を取り上げていました。毎日、ぶどうを食べる方法&ピーナツの皮を食べる方法でした。認知症を心配されている皆さんや認知症になりかけている方々、不安な日々を送られていると思います。毎日出来そうな方法として落花生の皮を食べる方法を実践しました。落花生を買って来て毎日夕食後、殻で数得て8つを2ヶ月食べ続けました。結果、、記憶力が少し改善されているんですね!、、、でもって、、もう少し長く続け4~5ヶ月後の結果を見てから私のPCサイトに内容を掲載しようと思い実践!結果を下記ご報告します。
落花生を毎日,夕食後30分,殻8個(皮付きピーナツ16個)を食べました。もう5ヶ月程経ちました、、結果ですが、①良くなった点を記しますと脳内の記憶してある引き出しから取り出すスピードが早くなって来ましたよ(•ө•)♡!②今までだったら思い出せなければ諦めていたのですが、数十分~数時間後ひょ~と記憶してある引き出しから出てくるんですね(•ө•)♡ これにはビックリ、、、③頭の中スッキリした感じになって来ました、、多分アルファーファが出ている状態に近くなっているのだと思います(•ө•)♡この事から考えられるのが殻8個と言わず10個以上食べたらなお良い結果になっていたでしょう、コツは薄皮を必ずピーナツと一緒に食べる事。皆様も良かったら実践してみては、、、。又、別の方法として毎日水分を1.5リットル(コーヒーカップ15杯分)を取るようにすると認知機能が向上するとの事!、、こちらは実践していませんが、。又、ターメリックに含まれているクルクミンが認知症を引き起こす物質を脳から取り除くらしい。この物質を含んでいるカレー粉で作るカレーライスをちょいちょい食べましょうね!(•ө•)♡

✱こちらには認知症を早めてしまう睡眠、、について記します。やはりビートたけしの番組でやっていました。誰でも毎日脳細胞が10万個死滅してしまう、、という事実!、、、睡眠方法が悪いと早めてしまう、、という内容でした。 こちらについてテレビでの方法では小さめなベッドでは大変なので、、プラスした方法を只今研究中です。抱枕をしながら真横になる方法では態勢を維持するのに30分位が限度だと思いますが、今私が実践している方法ではなんと2~3時間続けられ、、さらに睡眠時呼吸が非常に楽に出来るんですよ♡♡。詳しい方法近日記載します。という訳で下記にご報告します。
脳内細胞の死滅数が抑えられる方法ですが上向きで長く寝るのは睡眠中息をする為の気道がが狭くなってしまうため✗、、だそうでテレビでの方法は真横に向いて寝る、、という事でした、、この方法では抱き枕を利用しても30分程迄ですので、、私の方法をご紹介します。仰向けから約20~40度位横向きにして睡眠をとるやり方です。この方法では抱き枕は要ら無いので小さなベッドでもかなり長い時間(数時間)同じ体勢で寝られます。呼吸も非常に楽に出来ます(•ө•)♡、、この態勢の取り方は上向きの体勢から一度真横にして背中に掛け布団があたるようにして(背中にパッドを充てがって態勢をキープ出来るような感じ)から、、斜め横(上向きの体勢から約20~40度位)の態勢にゆっくり戻した状態で睡眠を取る方法です。どちらにしても睡眠中の気道を確保して脳内に空気を楽に循環出来るように、、との考えですね!、、どうぞ気の向いた方はやってみて下さい、、。

                 Copyright (C) 20xx SITE NAME All Rights Reserved. design by tempnate